花巻市:歴史・観光・見所

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)>花巻市

概要・歴史・観光・見所
花巻市概要: 花巻市周辺は現在でもアイヌ語の地名が多く残っている事からも当時は多くのアイヌ人が居たと考えられています。その影響からか「前九年合戦」や「後三年合戦」が落ち着くまで安倍氏率いる蝦夷の勢力圏と胆沢城や志波城・徳丹城を結ぶ大和朝廷の勢力圏が交じり合う地域でした。花巻市の中でも花巻城(花巻市指定史跡)の前身である鳥谷ヶ崎城は安倍氏が治め、それを見下ろす胡四王山には対蝦夷の防衛施設があったとされます。中世に入ると花巻市を中心として稗貫郡一帯を元々鎌倉の地頭職だった稗貫氏が支配します。この地域を治める為、やはり軍事的、政治的優位な鳥谷ヶ崎城を本城とし独立を保っていましたが、豊臣秀吉による小田原の陣へ参戦せず、不快をかい奥州仕置によって淘汰されます。その後、稗貫郡は南部氏の支配下となり、現在の花巻市周辺は伊達領と接する事になり軍事的に重要視されます。南部藩では重臣である北秀愛を花巻郡代として花巻城へ配置し南方の要としました。北秀愛と2代目であるは北松斎現在の花巻市の祖となるような町づくりを展開し、奥州街道を城下町に引き込み四日町や一日市、里川口を商人町として周囲から商人を集め、経済的基盤を確立しました。その後経済圏は上町周辺に移り、清水甚兵衛、佐藤又兵衛などの豪商が軒を連ね、今のアーケード街へと繋がっています。現在の花巻市には店蔵などの町屋はあまり見かけませんが、背後にある土蔵は比較的残っており、再利用することで町づくりに一役買っています。又、花巻城の三の丸には圓城寺門(花巻市指定文化財)や伊藤家、松川家など武家屋敷が残り落ち着いた城下町町並みを呈しています。

花巻市・町並み:写真

花巻市町並み
[ 付近地図: 岩手県花巻市 ]・[ 関係リンク: 花巻市 ]
花巻市町並み 花巻市町並み 花巻市町並み 花巻市町並み
花巻市:観光・見所
花巻城
花巻城
花巻城
圓城寺門
圓城寺門
圓城寺門
鳥谷崎神社
鳥谷崎神社
鳥谷崎神社
延寿寺
延寿寺観音堂
延寿寺観音堂
雄山寺
雄山寺
雄山寺
妙円寺
妙円寺
妙円寺
三嶽神社
三嶽神社
三嶽神社
鼬幣稲荷
鼬幣稲荷神社本殿
鼬幣稲荷神社
胡四王神社
胡四王神社
胡四王神社
同心屋敷
同心屋敷
同心屋敷
光徳寺
光徳寺
光徳寺
清水寺
清水寺
清水寺
昌歓寺
昌歓寺
昌歓寺
大興寺
大興寺
大興寺
土仏観世音
土仏観世音
土仏観世音堂
松林寺
松林寺地蔵堂
松林寺地蔵堂
米斗利沢
米斗利沢神社
米斗利沢神社
長谷寺
長谷寺
長谷寺
花巻温泉
花巻温泉
花巻温泉
台温泉
台温泉
台温泉


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。