平泉町: 達谷窟毘沙門堂

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)平泉町・観光>達谷窟毘沙門堂

概要・歴史・観光・見所
達谷窟毘沙門堂(平泉町)概要: 達谷窟毘沙門堂は岩手県西磐井郡平泉町平泉字北沢に位置している御堂で、創建は平安時代初期の延暦20年(801)、坂上田村麻呂(征夷大将軍・鎮守府将軍)がアテルイなど蝦夷討伐に勝利した際、毘沙門天への戦勝祈願によるものと感じ、この地に京都の清水寺を模した桁行9間、張間9間の毘沙門堂を建立し108体の毘沙門天像を安置したと伝えられています。延暦21年(802)には奥眞所上人により達谷窟毘沙門堂の別当寺院となる達谷西光寺が創建され、祭祀が滞りなく行われるように広大な寺領が寄進されました。その後も、平安時代後期に発生した前九年や後三年合戦で源頼義、義家親子が戦勝祈願が行われ寺領を寄進、奥州藤原氏三代は堂宇を再建し、文治5年(1189)の奥州合戦の際には源頼朝が参拝しています。中世に入ると周辺を支配した葛西氏が延徳2年(1490)の火災直後に毘沙門堂を再建するなど手厚く庇護しますが、天正18年(1590)の小田原の役に豊臣軍に参陣しなかった事から改易となり庇護者を失います。江戸時代に入るとでは仙台藩(藩庁:仙台城)が庇護し毘沙門堂を再建、慶長20年(1615)には初代藩主伊達政宗が厨子を寄進しています。

建物は清水寺を模したと言われ舞台のような構成になっていて岸壁側の外壁は無く、壁には岩肌が直接見られます。現在の建物は昭和21年(1946)の火災によって焼失後、昭和36年(1961)に再建されたものですが、当時の雰囲気は十分に感じ取る事は出来ます。

奉行坊杉概要: 案内板によると「達谷窟毘沙門堂の祭事を司る僧を別当奉行という。奉行の指図により各坊の僧がこの杉の元に参集したので奉行坊杉と呼ばれる。「安永風土記」にも大杉と記される。昭和21年、隣家から出火し、西風に煽られた炎は毘沙門堂と辨天堂に燃え移ったが、この杉が西側の枝葉を失いながら炎を防ぎ、不動堂、鐘楼等の諸堂が類焼を免れたのは、古来暫々雷が落ち神宿木である大杉に火之神不動尊が降りた為であると云われてた。」とあります。

達谷窟毘沙門堂:写真

達谷窟毘沙門堂
[ 付近地図: 岩手県西磐井郡平泉町 ]・[ 平泉町:歴史・観光・見所 ]
一ノ鳥居
一ノ鳥居
二ノ鳥居
二ノ鳥居
三ノ鳥居
三ノ鳥居
達谷窟毘沙門堂
毘沙門堂:遠景
達谷窟毘沙門堂
毘沙門堂:基礎
達谷窟毘沙門堂
毘沙門堂:入口
蝦蟆ケ池辨天堂
蝦蟆ケ池辨天堂
岩面大沸
岩面大沸
達谷窟毘沙門堂
鐘楼
達谷窟毘沙門堂
姫待不動堂
達谷窟毘沙門堂
金堂
達谷窟毘沙門堂
庫裏


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。