平泉町: 毛越寺(庭園)

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)平泉町・観光>毛越寺(庭園)

概要・歴史・観光・見所
毛越寺(庭園)概要: 医王山毛越寺は岩手県西磐井郡平泉町毛越寺(庭園)平泉字大沢に境内を構える天台宗の寺院で中尊寺と並び平泉町を代表とする存在です。鎌倉時代の正式の歴史書である「吾妻鏡」によると毛越寺は平安時代初期の嘉祥3年(850)に当時の高僧として知られた慈覚大師円仁が中尊寺と共に開山したとされ、主に奥州藤原氏二代藤原基衡、三代藤原秀衡が再興し伽藍の造営にあたりました。建物の数は記録によると「四十余宇、禅坊五百余宇」と云われ、中尊寺(四十余宇、禅坊三百余宇)よりも規模がかなり大きかったようです。主な建物は金堂、開山堂、嘉祥寺、講堂、金堂円隆寺、鐘楼、経楼、常行堂、常行堂、法華堂などですが嘉禄2年(1226)と天正元年(1573)、慶長2年(1597)の3度の火災で焼失し、藤原三代が滅亡した事により次第に勢力が衰えていったようです。江戸時代に入ると仙台藩主伊達家から庇護され、寛永13年(1636)に初代藩主伊達政宗が死去し霊廟(瑞鳳殿:宮城県仙台市青葉区霊屋下)が設けられ、墓守寺である瑞鳳寺が創建されると、毛越寺の本尊だった釈迦三尊像が遷され、天保17年(1732)には5代藩主伊達吉村が常行堂を再建しています。

毛越寺庭園は平安時代を代表する浄土式庭園と言われ、東西に長い「大泉池」があり南東に出島があります。出島の先端から数m池の中には飛島があり立石が設えられ、これらの風景は荒海を現していると言われています。又、遣水と呼ばれる池に水を取り込む水路があり、平安時代の遺構としては唯一のものです。遣水には玉石を底に敷き詰め、曲線の流れを作ったり、水切り石や水越など「作庭記」で見られる技法が使われています。

毛越寺は極めて貴重な存在で名称「毛越寺境内 附 鎮守社跡」として大正11年(1922)に国指定史跡、昭和27年(1952)に国指定特別史跡に指定されています。毛越寺庭園も極めて貴重な存在で昭和32年(1957)に国指定名勝、昭和34年(1959)に国指定特別名勝に指定されています。さらに平成23年(2011)に名称「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-」の構成資産の一つとしてユネスコの世界遺産に登録されています。又、毛越寺の延年は昭和45年(1970)に記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に、昭和52年(1977)に国指定重要無形民俗文化財に指定されています。奥州三十三観音番外札所。山号:医王山。宗派:天台宗。本尊:薬師如来。

毛越寺(庭園):写真

毛越寺(庭園)
[ 付近地図: 岩手県西磐井郡平泉町 ]・[ 平泉町:歴史・観光・見所 ]
毛越寺(庭園)
庭園
毛越寺(庭園)
庭園
毛越寺(庭園)
庭園
毛越寺(庭園)
庭園
毛越寺(庫裏)
毛越寺:庫裏
毛越寺(開山堂)
毛越寺:開山堂
毛越寺(嘉祥寺)
嘉祥寺跡
毛越寺(講堂)
講堂跡
毛越寺(金堂円隆寺)
金堂円隆寺跡
毛越寺(鐘楼・経楼)
鐘楼・経楼跡
毛越寺(常行堂)
毛越寺:常行堂
毛越寺(常行堂跡・法華堂跡)
常行・法華堂跡


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。