奥州市水沢区: 黒石寺

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)奥州市・水沢>黒石寺

概要・歴史・観光・見所
黒石寺(奥州市水沢区)概要: 妙見山黒石寺は岩手県奥州市水沢区黒石町山内に境内を構えている天台宗の寺院です。黒石寺は案内板によると「黒石寺は、寺伝によれば天平元年(729)行基菩薩の開基で、東光山薬師寺と称したが、嘉祥2年(849)慈覚大師が復興し、妙見山黒石寺と名を改めた天台宗の古刹である。本尊薬師如来像はカツラ材の一木造りで胎内に貞観4年(1047)銘の僧形坐像(伝慈覚大師像)、四天王立像とともに国の重要文化財に指定されている。盛時、伽藍48字を数えた黒石寺は、数度の火災によりその一切を失い、現在の薬師堂は明治17年(1884)に再建されたものである。旧正月7日夜から8日早暁にかけて行われる蘇民祭は古代の蘇民信仰の姿を今に伝える貴重な民族的遺産である。」とあります。

黒石寺境内には明治16年(1883)に建てられた御供所兼鐘楼があり1階が本尊に供える供物を準備する御供所、2階には200文字の漢文で黒石寺の由緒が刻まれている梵鐘が納められています。黒石寺の前に流れている山内川の寺院付近だけは特別に瑠璃壺川と称し、蘇民祭の際、川を堰き止め、裸で川に浸かり身を清めます。蘇民祭とは旧暦正月7日の夜から翌朝にかけて行う、災厄を払い五穀豊穣を願う行事で、全国的に見ても原型を留めているのはほとんど無いと言われ、「裸参り」、「柴燈木登」、「別当登」、「鬼子登」、「蘇民袋争奪戦」など様々な行事が繰り広げられます。黒石寺薬師堂は明治17年(1884)に造営されたもので、木造平屋建て、寄棟、銅板葺き、平入、桁行8間、張間5間、正面1間向拝付き、内部には本尊である薬師如来像が安置されています。奥州三十三観音霊場第25番札所(札所本尊:千手観音・御詠歌:さいしょうの くろ石寺に つみきへて 山ふところに かねそきこゆる)。山号:妙見山。宗派:天台宗。本尊:薬師如来。

黒石寺の文化財
・ 木造薬師如来坐像-貞観4年、像高126p、桂材、一木造-国指定重要文化財
・ 木造僧形坐像-永承2年、像高約70p、桂材、一木造-国指定重要文化財
・ 木造四天王立像-平安、像高160〜170p、欅、桂材-国指定重要文化財
・ 木造日光菩薩・木造月光菩薩立像-平安、像高約100p-岩手県指定文化財
・ 木造十二神将像-鎌倉〜室町、像高約110p-岩手県指定文化財
・ 銅鐘-貞享3年、阿部重貞寄進、鋳筒屋吉兵衛作-奥州市指定文化財
・ 黒石寺蘇民祭(岩手県の蘇民祭)−国の選択無形民俗文化財

黒石寺:写真

黒石寺
[ 付近地図: 岩手県奥州市水沢 ]・[ 奥州市水沢区 ]・ [ 岩手県:寺院 ]
黒石寺 黒石寺 黒石寺 黒石寺
黒石寺 黒石寺 黒石寺 黒石寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。