奥州市水沢区: 斎藤實生家

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)奥州市・水沢>斎藤實生家

概要・歴史・観光・見所
斎藤實生家(奥州市水沢区)概要: 斎藤實は水沢で武士の子として生まれました。子供の頃から勉強家と言われ、15歳の時に上京し、翌年に海軍兵学寮に合格、3番で卒業したそうです。27歳から4年間アメリカに留学し、海軍では上司達に遇され順調に出世していきました。明治29年(1896)には戦艦「富士」に乗りスエズ運河通航に成功し、翌明治30年(1897)には大佐に進級、防衛巡洋艦「秋津洲」の艦長となります。明治39年(1906)から5つ内閣ので海相を歴任し、大正元年に海軍大将に進級、大正8年には朝鮮総督に就任しています。昭和7年(1932)に第30代内閣総理大臣と外務大臣を同時に就任しましたが、昭和11年(1936)、2・26事件により暗殺、享年77歳。現在でも水沢吉小路には斎藤實生家が残され、隣接する昭和16年(1941)に建てられた図書館と共に記念館となっています。

斎藤實生家:写真

斎藤實生家
[ 付近地図: 岩手県奥州市水沢 ]・[ 奥州市水沢:歴史・観光・見所 ]
斎藤實生家 斎藤實生家 斎藤實生家 斎藤實生家


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。