奥州市水沢区: 駒形神社

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)奥州市・水沢>駒形神社

概要・歴史・観光・見所
駒形神社(奥州市水沢区)概要: 駒形神社の延喜式神名帳に乗っている所謂塩釜神社「式内社」で創建は諸説あり、雄略21年(477)に、京都の籠神社から宇賀御魂大神を勧請して駒ヶ岳山山頂に勧請した。景行40年(110)に日本武尊(景行天皇の皇子)が宇賀御魂大神、天照大神などを勧請した。延暦21年(802)坂上田村麻呂(征夷大将軍、鎮守府将軍)が勧請したなどがあります。駒ヶ岳山は太古より霊峰として信仰の対象になっており、俘囚の人々が支配していた時からも何らかな想いがあったのかも知れません。これは俘囚の血も引く平泉を本拠地とした奥州藤原氏も崇敬が厚く、3代当主藤原秀衡が神像を寄進した事が記録に残っている事からも想像出来ます。格式が高く日本文徳天皇実録によると仁寿元年(851)に正五位下、日本三代実録によると貞観4年(862)には従四位下に列した事が記され、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳では式内社として記載されています。近世になっても信仰は続き、駒ヶ岳山が盛岡藩(藩庁:盛岡城)と仙台藩(藩庁:仙台城)の境界線上にあった事から、両藩が交互に社殿の改修をし、さらに両藩は山頂にあると参拝が困難な事から盛岡藩は岩崎、仙台藩は雛子沢に駒形神社の里宮を勧請しました。明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、明治4年(1871)に山頂の奥社が国幣小社に列する事になると、参拝が困難である事から元々塩釜神社が鎮座していた水沢中心部(現在地)に一端遥拝所が設けられ、社殿が造営された後に遷座し現在に至っています。塩釜神社は留守氏が水沢領主になる前に現在の宮城県多賀城市に鎮座している塩釜神社の神官を勤めていた事から崇敬社となり民衆からの信仰も厚くかったとされます。祭神:天照大御神、天常立尊、国狭立尊、吾勝尊、置瀬尊、彦火尊。岩手県:神社

駒形神社:写真

駒沢神社
[ 付近地図: 岩手県奥州市水沢 ]・[ 奥州市水沢:歴史・観光・見所 ]
駒形神社 駒形神社 駒形神社 駒形神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。