奥州市水沢区: 阿部家住宅

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)奥州市・水沢>阿部家住宅

概要・歴史・観光・見所
阿部家住宅(奥州市水沢区)概要: 阿部家住宅は日高神社の参道にあたり武家屋敷の多く残る日高小路の一角にあります。案内板によると「武家屋敷安倍家は、留守家大番士を勤めた家臣の屋敷です。江戸時代からこの小路は「日高小路」とよばれ、武家屋敷が配置された通りです。屋敷構えや屋敷内に生い茂る老松などの樹木に、江戸時代の武家屋敷景観をとどめています。屋敷内には、明治初期に建てられた母屋をはじめ、土蔵、板倉、井戸などがあります。翠松園となずけられた母屋は、苔むす表庭を正面に、1部2階建の数寄屋風の建物として趣向をこらしています。この建物は、1876(明治9)年と1881(明治14)年の明治天皇行幸のとき御避難所に指定され、1889(明治22)年には臨時緯度観測所がおかれた歴史的建物です。  水沢市 」とあります。非公開なので内部見学は出来ませんが外観からでも長塀や土で塗りこまれた門など雰囲気を感じる事は十分出来ます。

阿部家住宅:写真

阿部家住宅
[ 付近地図: 岩手県奥州市水沢 ]・[ 奥州市水沢:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。