盛岡市: 岩手銀行旧本店本館

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市・観光>岩手銀行旧本店本館

概要・歴史・観光・見所
岩手銀行旧本店本館(盛岡市)概要: 岩手銀行旧本店本館は岩手県盛岡市中ノ橋通一丁目に位置している洋風建築です。岩手銀行旧本店本館は明治44年(1911)に建てられたもので、煉瓦造1部3階建て、ルネサンス様式、設計は辰野金吾と葛西萬司の両氏によるもので、東京駅同様当時の建築様式を伝える大変貴重な建物であるから平成6年(1994)に国重要文化財に指定されています。外観は赤煉瓦を主体とし白色の花崗岩をライン状に嵌めこむ事で水平を強調するデザインで、窓は縦長を基調とし1階は小庇、2階は上部をファンライトと呼ばれる半円形の欄間として変化をつけています。建物正面は六角形の平面でこの部分だけが3階となり柱飾りやレリーフなど意匠に凝っており正面性を出し、屋根にはドーマを始め、展望台や手摺など変化に富み印象深い建物となっています。

岩手銀行旧本店本館:写真

岩手銀行旧本店本館
[ 付近地図:岩手県盛岡市 ]・[ 盛岡市:観光 ] ・[ 近代洋風建築 ]
岩手銀行旧本店本館 岩手銀行旧本店本館 岩手銀行旧本店本館 岩手銀行旧本店本館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。