盛岡市: 石川啄木新婚の家

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市・観光>石川啄木新婚の家

概要・歴史・観光・見所
石川啄木新婚の家(盛岡市)概要: 石川啄木新婚の家は案内板によると「詩人石川啄木は、明治38年(1905)5月、東京で処女詩集「あこがれ」を出版しそれをみやげに帰郷の途についたが、金策の必要から途中仙台に下車して土井晩翠をその居に訪ねた。仙台医学専門学校には郷友、猪狩見竜、小林茂雄らが在学中で、彼らと遊んで滞在すること10日におよんだ。その間、盛岡市帷子小路八番戸の借家には月末の30日に結婚式を挙げるべく婚約者の掘合節子がその帰宅を待ちわびていた。しかし啄木は遂に姿を見せなかった。そこでその夜級友上野宏一(画家)の晩酌で珍妙な「花婿のいない結婚式」がおこなわれた。それがこの家である。仙台をたった啄木は盛岡駅を素通りして渋民に行き、ようやくこの家に顔を見せたのが6月4日だった。ここではじめて新婚の夫婦と両親、妹光子の5人が揃って家庭をもったのである。時に啄木は20歳。この家で稿を起こした随筆「閑天地」は連日、岩手日報の紙上をにぎわし、「我が四畳半」はよく新婚の夢あたたかな情景を描いている。ほかに「妹よ」、「明滅」、「この心」の作がある。啄木一家がここに在ること3週間、6月25日には中津川のほとり加賀野磧町四番戸に転居した。現在盛岡市内の啄木遺跡といえるのは「啄木新婚の家」だけである。」とあります。

盛岡市中心部に近いこの場所に元茅葺の建物がある事が奇跡的に近く、当時から保存の意思があったと思われます。又、石川啄木新婚の家は元々盛岡藩(藩庁:盛岡城)の中級武家屋敷として建てられたもので、盛岡市内に残されている数少ない武家屋敷の遺構としても貴重な事から昭和59年(1984)に盛岡市指定有形文化財(建造物)に指定されています。

石川啄木新婚の家:写真

石川啄木新婚の家
[ 付近地図: 岩手県盛岡市 ]・[ 盛岡市:観光 ]・ [ 岩手県:古民家 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。