盛岡市: 旧藤野家住宅

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市・観光>旧藤野家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧藤野家住宅(盛岡市)概要: 旧藤野家住宅は岩手県立博物館(岩手県盛岡市上田字松屋敷)に移築保存されている農家住宅です。19世紀前半に建てられたと言われ、旧所在地である江刺市(現在の奥州市江刺区)が江戸時代には仙台藩(藩庁:仙台城)に属していた事から直屋形式をとっています。旧藤野家住宅は建坪は40坪と比較的小さいのですが、当初からほとんど改修されず、江戸時代中期に建てられた農家建築の遺構として貴重で、江刺地方の典型的な平面構成をしている事から昭和53年(1978)に国重要文化財に指定されています。木造平屋建て、寄棟、茅葺、平入、外壁は大壁造り土壁鏝押え、向って左側に玄関があり「にわ」と呼ばれる土間空間があり、右側に「おかみ」、「なかま」、「なんど」、「でえ」と呼ばれる板敷きの部屋が喰い違いで構成されています。柱には栗材でチョウナで仕上げるなど歴史を感じます。

旧藤野家住宅:写真

旧藤野家住宅
[ 付近地図:岩手県盛岡市 ]・[ 盛岡市:観光 ]・[ 岩手県:古民家 ]
旧藤野家住宅 旧藤野家住宅 旧藤野家住宅 旧藤野家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。