盛岡市: 盛岡高等農林学校門番所

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市・観光>盛岡高等農林学校門番所

概要・歴史・観光・見所
門番所(盛岡市)概要: 門番所はは案内板によると「この建物は、明治36年盛岡高等農林学校の正門(現在の通用門)に建てられた門番所です。「寄せ棟風八角」の造りで建築文化にとって価値ある明治の建造物です。この門番所は、本館竣工により、現在地に移築されました。この門番所と正面の正門(土塁の一部を含む)も同時期の学校施設として価値が認められ、重要文化財に指定されました。」とあります。盛岡高等農林学校門番所の建物は、外壁が下見板張り、縦長の上げ下げ窓、入口庇にはバージボードと呼ばれる軒先にある飾り付きの板が設えるなど小さいながら当時の洋風建築の要素を含んでいる貴重なものとして、本館と共に平成6年(1994)7月12日に国指定重要文化財に指定されています。

盛岡高等農林学校門番所:写真

門番所
[ 付近地図:岩手県盛岡市 ]・[ 盛岡市:観光 ]・ [ 近代洋風建築 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。