盛岡市: 旧盛岡貯蓄銀行本店

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市・観光>旧盛岡貯蓄銀行本店

概要・歴史・観光・見所
旧盛岡貯蓄銀行本店概要: 旧盛岡貯蓄銀行本店は岩手県盛岡市中ノ橋通一丁目に位置する昭和2年(1927)に建てられた近代建築です。昭和10年(1935)に岩手貯蓄銀行に名称を改め、明治18年(1943)に岩手殖産銀行(現在の岩手銀行)、昭和33年(1958)に盛岡信用金庫に所有が移っています。鉄筋コンクリート造2階建て、一部3階建て、建築面積約540u、延床面積1038u、陸屋根、外壁は花崗岩、設計は盛岡市出身の葛西萬司、当時の銀行建築で見られたギリシャ風の要素を取り入れ、正面外壁には6本の丸柱があり神殿をモチーフにして銀行の持っている重厚で誠実な印象を引き立ています。又、外壁にはレリーフが散りばめられており意匠的にも見所が多い建物と言えます。旧盛岡貯蓄銀行(現盛岡信用金庫本店)は昭和初期の銀行建築の遺構として貴重な事から盛岡市の保存建造物に指定されています。

旧盛岡貯蓄銀行本店:写真

旧盛岡貯蓄銀行本店
[ 付近地図:岩手県盛岡市 ]・[ 盛岡市:観光 ]・ [ 近代洋風建築 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。