盛岡市: 旧南部伯爵家別邸

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市・観光>旧南部伯爵家別邸

概要・歴史・観光・見所
旧南部伯爵家別邸(盛岡市)概要: 旧南部伯爵家別邸は岩手県盛岡市愛宕町に位置し明治41年(1908)に新築された建物です。屋敷は元々は盛岡藩が造営した「御薬園」跡で薬草などが栽培され盛岡城の城内で使用されていました。御薬園が廃止になると、裏山である愛宕山に楓を植えたり、毘沙門を中心に山王や観音堂を建立し、大規模な造園として計画されました。麓には「下小路御屋敷」と称した藩主の別荘が築かれ遊歩地として整備されましたが、江戸時代後期には藩校(明義堂)を設置するなど、時代によって様々な変遷を遂げています。旧南部伯爵家別邸は昭和30年(1955)以降、盛岡市の公民館施設として利用され、一部取り壊しなどされましたが、明治時代の建物として貴重な存在として現在に至っています。建物は伯爵家別邸らしく格式ある造りで木造平屋建て、寄棟、瓦葺で主玄関と脇玄関の2つが設えられています。主玄関の方は入母屋の大きな玄関屋根が張り出しており、日常的には使われなかったのではないかと思います。建物右側正面は洋風建築の要素が取り入れられ、外壁が下見板張りで細長の上げ下げ窓が採用され、窓上部はファンライトと呼ばれる半円形の欄間が付いています。

庭園は明治時代から大正時代に造園家として名を馳せた長岡安平が基本設計し、明治41年(1908)に作庭された名園で名称「旧南部氏別邸庭園」として平成26年(2014)に国登録記念物(名勝)に登録されています。

旧南部伯爵家別邸:写真

旧南部伯爵家別邸
[ 付近地図:岩手県盛岡市 ]・[ 盛岡市:観光 ]・ [ 近代洋風建築 ]
旧南部伯爵家別邸 旧南部伯爵家別邸 旧南部伯爵家別邸 旧南部伯爵家別邸
旧南部伯爵家別邸 旧南部伯爵家別邸 旧南部伯爵家別邸 旧南部伯爵家別邸


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。