盛岡市: 旧九十銀行本店本館

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市・観光>旧九十銀行本店本館

概要・歴史・観光・見所
旧九十銀行本店本館(盛岡市)概要: 旧九十銀行本店本館は岩手県盛岡市中ノ橋通一丁目に位置している近代建築です。案内板によると「この建物は旧九十銀行本店本館として明治43年(1910)12月に竣工しました。設計は東京帝国大学を卒業して間もない、盛岡出身の若き建築家横濱 勉、工事監督は元岩手県立工業学校助教諭 久田 喜一です。構造は煉瓦造2階建(一部地下1階)、建物面積264.61u、正面から見て左右非対象の建物で、屋根はマンサード型を基本とし、正面左側は棟を直交させて飾り棟をのせ、ドーマー窓を飾り、天然スレート板及び銅板で葺かれています。建物の荒削りな隅石や入口・窓のアーチなどの石材は市内川目産の花崗岩が使用されています。明治期の銀行は営業室を高い吹き抜けとするのが主流でしたが、ここでは2階に広い総会室(集会室)を設け、1階を営業室・客溜・金庫室・頭取室及び応接室としています。大正期にあらわれる表現主義建築の先駆けとされ、外観は重厚感のあるロマネスク・リヴァイヴァル様式、内部は直線的で平明かつ簡潔なゼツェッシオン式の影響がみられ、19世紀末の欧州での建築運動をいち早く反映させたものとして、我が国の近代建築史上重要な建造物と言えます。」とあります。旧九十銀行本店本館は明治時代に建てられた銀行建築の遺構として大変貴重な事から平成16年(200)に国重要文化財に指定されています。現在は「啄木・賢治青春館」として利用されています。

旧九十銀行本店本館:写真

旧九十銀行本店本館
[ 付近地図:岩手県盛岡市 ]・[ 盛岡市:観光 ]・ [ 近代洋風建築 ]
旧九十銀行本店本館 旧九十銀行本店本館 旧九十銀行本店本館 旧九十銀行本店本館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。