雫石町: 旧川崎家住宅

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市・観光>旧川崎家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧川崎家住宅(雫石町)概要: 旧川崎家住宅は雫石町歴史民俗資料館(岩手県岩手郡雫石町西安庭)に移築された農家建築で、案内板によると「この地方の住居の特色である曲がり屋を保存するため、水没する農家である安庭の川崎清悦氏より寄贈を受け、この地に移転したものである。この曲がり家は、明治初期の建築のものである。」とあります。曲がり屋形式の農家住宅は特に旧盛岡藩(藩庁:盛岡城)領で見られ、江戸時代中期には肝煎りなど大型農家の象徴として浸透していたようです。明治に入ると一般的な農家でも見られ、岩手県の独特な風景の要素の一つとなっています。

旧川崎家住宅:写真

旧川崎家住宅
[ 付近地図:岩手県盛岡市 ]・[ 盛岡市:観光 ]・ [ 岩手県:古民家 ]
旧川崎家住宅 旧川崎家住宅 旧川崎家住宅 旧川崎家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。