盛岡市: 旧石井県令私邸

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市・観光>旧石井県令私邸

概要・歴史・観光・見所
旧石井県令私邸(盛岡市)概要: 旧石井県令(石井省一郎)私邸は明治19年(1886)に建てられた、盛岡市最古の洋風建築です。煉瓦造3階建て、寄棟、金属板葺きの屋根で、延べ面積は約500u、明治時代初期の洋風建築の遺構として貴重な事から昭和52年(1977)に盛岡市保存建造物に指定されています。外観は華美な装飾は少なくシンプルな意匠で、階と屋根の境に縁切りのレリーフ状のものが目立ち、煉瓦は直接見えない事から、漆喰かモルタルで塗られていると思われます。窓は縦長の開き戸を採用し、上部がファンライトと呼ばれる半円形の欄間が施され洋風のイメージが強調され、玄関屋根や基礎の通気口も曲線を取り入れ、屋根にはドーマがついています。

旧石井県令私邸:写真

旧石井県令私邸
[ 付近地図: 岩手県盛岡市 ]・[ 盛岡市:観光 ]・ [ 近代洋風建築 ]
旧石井県令私邸 旧石井県令私邸 旧石井県令私邸 旧石井県令私邸


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。