中尊寺: 峰薬師堂

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)平泉町・観光中尊寺>峰薬師堂

概要・歴史・観光・見所
峰薬師堂(中尊寺)概要: 峰薬師堂は中尊寺境内を構えている寺院です。案内板によると「もと経塚山(金色堂の南方)の下にあったが、天正年間(1573年〜1591年)に荒廃、のち元禄2年(1689年)現在の地に再建す。堂の面積は32.5坪、型式は桁行3間、梁行3間の瓦葺の単層宝形造りで、御本尊は丈六(約2.7m)の薬師尿来の座像でカツラ材の寄木造り、金色に漆を塗り金箔をおいたもので、藤原末期の作で現在重要文化財として讃衡蔵に安置されている。現在の御堂は昭和57年の改築で、御本尊も薬師如来を中心に日光菩薩、月光菩薩の三尊とし、堂の改築を契機に昭和63年、前立本尊として仏師松尾秀麻師の謹刻になるものである。・・・(後略)」とあります。峰薬師堂は木造平屋建て、宝形造、瓦葺き、桁行3間、張間3間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り、内部には本尊となる薬師三尊像が安置されています。

峰薬師堂:写真

峰薬師堂
[ 付近地図: 岩手県西磐井郡平泉町 ]・[ 中尊寺:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。