中尊寺: 本堂

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)平泉町・観光中尊寺>本堂

概要・歴史・観光・見所
本堂(中尊寺)概要: 本堂は中尊寺の中心となる施設でその規模本堂も最大です。奥州藤原氏が亡ぶと次第に勢いも無くなり、建武4年(1337)には火災により多くの堂宇と共に本堂も焼失しましたが、近世に入ると仙台藩(藩庁:仙台城)の庇護の元、多くの建物が再建され、本堂前にある山門も元々一関藩主であった伊達兵部宗勝の居館であった一関城(宮城県一関市)より万治2年(1659)に移築されました。山門は切妻、桟瓦葺き、三間一戸、薬医門形式、外壁は真壁造り板張り、左側に潜り門があるなど城郭建築の一端を見る事が出来る貴重な建物である事から昭和44年(1969)に岩手県指定文化財(建造物)に指定されています。現在の本堂は明治42年(1909)に再建されたもので、木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、正面千鳥破風、平入、桁行8間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、眼象窓付、比叡山延暦寺(滋賀県大津市坂本)より分火された「不滅の法燈」や様々な儀式などが執り行われています。

本堂:写真

本堂
[ 付近地図: 岩手県西磐井郡平泉町 ]・[ 中尊寺:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。