花巻市: 松林寺地蔵堂

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)花巻市・観光>松林寺地蔵堂

概要・歴史・観光・見所
松林寺地蔵堂(花巻市)概要: 松林寺は岩手県花巻市石鳥谷町に境内を構える寺院です。松林寺の創建は平安時代初期の仁寿元年(851)、染殿(文徳天皇の后・清和天皇の生母)が懐妊した際、地蔵菩薩に感謝し全国66ヵ国に子安地蔵尊を安置し、松林寺はその時の一ヶ寺として開かれたと伝えられています。以来、松林寺は安産、子育てに御利益があるとして広く信仰されるようになり、最盛期には広大な境内を有し、末寺である南勝寺をはじめ、下ノ坊、西ノ坊、南ノ坊、北ノ坊等の坊舎が軒を連ね寺運も隆盛しました。歴代領主から庇護され、特に江戸時代に入ると盛岡藩(藩庁:盛岡城)の藩主南部氏の保護により堂宇の造営や寺領の寄進、安堵が行われています。天文年中(1532〜1554年)、火災により堂宇が焼失し一時衰退しましたが、2代藩主南部重直が慶安5年(1652)に堂宇を再建されて江戸時代を通して寺領30石が安堵されていました。

現在の松林寺地蔵堂は江戸時代中期の明和5年(1768)に再建されたもので、木造平屋建て、宝形造、桁行3間、張間4間、正面1間切妻向拝付き、外壁は真壁造り板張り、内部には土造地蔵尊1400体余の他、狩野休意、小野寺周徳、八重樫豊澤などの絵馬が奉納されています。寺宝が多く「松林寺文書類94点」と「棟札類21枚」、「仏像2体」、「絵馬扁額20枚」、「小絵馬121枚」が平成12年(2000)に花巻市指定文化財(古文書・歴史資料・彫刻・絵画)に指定されています。鰐口1口が昭和39年(1964)に花巻市指定文化財(工芸品)に指定されています。

松林寺地蔵堂:写真

松林寺地蔵堂
[ 付近地図: 岩手県花巻市 ]・[ 花巻市:歴史・観光・見所 ]
松林寺地蔵堂 松林寺地蔵堂 松林寺地蔵堂 松林寺地蔵堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。