花巻市: 圓城寺門(旧花巻城・搦手門)

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)花巻市・観光>圓城寺門(旧花巻城・搦手門)

概要・歴史・観光・見所
圓城寺門(旧花巻城・搦手門)概要: 圓城寺門は案内板によると南部利直(盛岡藩初代藩主)が江戸時代初期の慶長19年(1614)に二子城(岩手県北上市二子町)の追手門を移築したものとされ、花巻城の搦手門として利用したものです。現在は鳥谷崎神社の境内に移築され現存する花巻城の建物の遺構としては唯一のもので、古建築としても400年以上あることから昭和35年(1960)に花巻市指定有形文化財に指定されています。圓城寺門は装飾は殆ど装飾など華美な部分がなく、地方の戦国時代の城郭が実践的かつ実用的だった事が窺えます。形式は三間二戸、切妻、木羽葺き、1階が桁行20尺、張間9尺5寸、2階が桁行20尺、梁間13尺、八脚楼門で2階部分が大壁造白漆喰仕上げ、壁に鉄砲穴(狭間)などが見受けられ、創建当初のものかは分かりませんが、金属製の窓も実戦的に見えます。又、2階部分が1解よりもひとまわり大きく、張り出しているような形になっているのも特徴の一つです。

圓城寺門:写真

圓城寺門
[ 付近地図: 岩手県花巻市 ]・[ 花巻市:歴史・観光・見所 ]
圓城寺門 圓城寺門 圓城寺門 圓城寺門


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。