一関市: 大原宿

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)一関市・観光>大原宿

概要・歴史・観光・見所
大原町並み(一関市)概要: 大原は一関と今泉を繋ぐ今泉街道の宿場町で、この周辺の中心として発展しました。内陸部で生産される馬や養蚕、煙草などと海岸部の海産物がここで集積され、町内で流れる砂鉄川が示す通り、砂鉄の産地で伊達領でも重要視されていました。仙台藩では藩蔵や代官所などの出先機関を設け足軽を46人を配置しました。明治時代も大原の重要性は変わりませんでしたが大正時代に鉄道が通り摺沢に駅が出来ると次第に活気がなくなりました。現在でも土蔵の店蔵(町屋)が残り当時の様子を醸し出しています。理由は分かりませんが今泉街道沿いの町並みは岩手県や宮城県では少ない妻入りが多く独特な雰囲気があります。

大原宿:写真

大原町並み
[ 付近地図:岩手県一関市 ]・[ 一関市:歴史・観光・見所 ]
大原町並み 大原町並み 大原町並み 大原町並み


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。