一関市: 日本基督教団一関教会

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)一関市・観光>日本基督教団一関教会

概要・歴史・観光・見所
日本基督教団一関教会概要: 日本基督教団一関教会は岩手県一関市田村町に位置し、昭和4年(1929)に当時の宮古教会牧師である羽生義三郎師が設計思想の中心となり建てられた洋風建築です。建築面積は171u、木造平屋建、鉄板葺き、外壁は下見板張り、窓は縦に長く上部がファンライト状の曲線、窓枠は下見板を押さえると同時に外壁を立体化し、正面の尖塔が象徴的な意匠となっています。特に礼拝堂の窓はデザイン化され、大壁にありがちな威圧感を和らげ宗教建築らしい様相になっています。玄関庇も洋風らしさを演出しており曲線を多用しています。日本基督教団一関教会は昭和初期当時の教会建築の典型とも言え、「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成8年(1996)に国登録有形文化財に登録されています。

日本基督教団一関教会:写真

日本基督教団一関教会
[ 付近地図:岩手県一関市 ]・[ 一関市:歴史 ]・ [ 近代洋風建築 ]
日本基督教団一関教会 日本基督教団一関教会 日本基督教団一関教会 日本基督教団一関教会


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。