奥州市:江刺区・歴史・観光

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)>奥州市:江刺区
岩手県国宝
 ・ 中尊寺金色堂
 ・ 
岩手県国指定文化財
 ・ 中尊寺経蔵
 ・ 金色堂覆堂
 ・ 旧菅野家住宅
 ・ 旧後藤家住宅
 ・ 旧小原家住宅
 ・ 旧中村家住宅
 ・ 伊藤家住宅
 ・ 旧菊池家住宅
 ・ 旧藤野家住宅
 ・ 旧佐々木家住宅
 ・ 正法寺
 ・ 日高神社本殿
 ・ 毘沙門堂
 ・ 多聞院伊澤家住宅
 ・ 天台寺
 ・ 盛岡高等農林学校
 ・ 岩手銀行旧本店
 ・ 白山神社能舞台
 ・ 旧第九十銀行本店
 ・ 千葉家住宅
 ・ 
岩手県指定文化財
 ・ 鹿島神社宮殿
 ・ 中尊寺本坊表門
 ・ 瑞山神社(祖霊舎)
 ・ 千葉家住宅門
 ・ 旧後藤新平宅
 ・ 早池峰神社
 ・ 宝持院山門
 ・ 普門寺三重塔
 ・ 法泉院小前沢坊
 ・ 熊野神社本殿
 ・ 薬師堂
 ・ 旧岩谷堂共立病院
 ・ 木津屋
 ・ 旧鈴木家住宅
 ・ 保性院廟厨子
 ・ 旧後藤家住宅
 ・ 白山神社本殿
 ・ 丹内山神社本殿
 ・ 八幡神社本殿
 ・ 旧朴舘家住宅
 ・ 西方寺毘沙門堂
 ・ 八幡神社本殿
 ・ 於呂閇志胆沢川
 ・ 麓山神社本殿
 ・ 智福毘沙門堂
 ・ 千養寺観音堂
 ・ 曽慶熊野神社
 ・ 摺沢八幡神社
 ・ 山谷観音堂
 ・ 鞍迫観音堂
 ・ 村上家住宅
 ・ 太田家住宅
 ・ 吉田家住宅
 ・ 
 ・ 
 ・ 
奥州市江刺区・歴史・観光・見所
奥州市江刺区概要: 江刺は交通の要所とされ、盛岡水沢、北上と各街道が延び、それらが太平洋側に抜ける盛街道と合流していました。その為、江刺は古くから周辺一帯の軍事、行政、経済の中心地とされ、長元年間(1028〜37)には藤原氏3代の祖となった藤原清衡の父親である経清が豊田城を築き、清衡が奥州の押領使となって平泉に拠点を移すまでの居館となりました。中世には葛西氏の一族である江刺氏が岩谷堂城を拠点として江刺郡一帯を支配しましたが、葛西氏宗家が伊達家から領主を迎えた事などから葛西氏と抗争が始まりついには滅ぼされます。その後、伊達系の葛西氏が江刺郡総領職と称し、江刺氏を継ぎ北方の南部氏に対しての守りに当たりましが、戦国末期には豊臣秀吉の天下統一が進むな中、葛西氏は小田原陣に参陣せず、奥州仕置きによって淘汰され、江刺氏も改易となりました。(その後、南部氏に登用。)近世に入ると江刺郡は伊達領となり伊達氏の一族である岩城宗規が領主となり、北方の警護の「要害」のひつとして重要視されました。現在の江刺は水沢市と合併し奥州市となりましたが、周囲には藤原氏時代の史跡が多く、観光面での開発に力を入れているようです。又、江刺中心部では鉄道の普及に衰退したものの当時から周囲の経済の中心地だった事から、多くの町屋や土蔵が現在でも残され、落ち着いた町並みが続き、「まちづくり」にも積極的です。まちづくりには市民の有志からなる「株式会社黒船」が中心となり硝子工房や音楽関係のグッズなどを販売し、行政的にも道路のデザイン化や照明やベンチの設置、土蔵の修景などの町並みの整備を行っているようです。
  スポンサーリンク
 
奥州市:江刺区
岩手県奥州市江刺区
[ 付近地図: 岩手県奥州市江刺区 ]・[ 関係リンク: 奥州市江刺区 ]
岩手県奥州市江刺区 岩手県奥州市江刺区 岩手県奥州市江刺区 岩手県奥州市江刺区
岩谷堂城
岩谷堂城
岩谷堂城
二清院
二清院
二清院
多聞寺
多耳院
多聞寺
義経公供養塔
義経公供養塔
源義経公供養塔
五位塚
五位塚
五位塚
豊田館
豊田館
豊田館
人首川
人首川
人首川
岩谷堂共立病院
岩谷堂共立病院
旧岩谷堂共立病院
旧後藤家住宅
旧後藤家住宅
旧後藤家住宅
旧小原家蔵
旧小原家蔵
旧小原家蔵
光明寺
光明寺
光明寺
鎮岡神社
鎮岡神社
鎮岡神社
住宅設計

 岩手県観光・旅行見所ナビ: 
盛岡市盛岡市:渋民紫波郡:紫波町花巻市花巻市:東和町奥州市:水沢奥州市:江刺一関市平泉町| 中尊寺| 胆沢郡:金ケ崎町|
大船渡市陸前高田市住田町岩手県:古民家岩手県:洋館岩手県:神社岩手県:寺院岩手県:城郭トップ
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。