中尊寺: 旧覆堂

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)平泉町・観光中尊寺>旧覆堂

概要・歴史・観光・見所
旧覆堂(中尊寺)概要: 旧覆堂は案内板によると「 金色堂を風雪から護るため旧覆堂(中尊寺)正応元年(1288)に鎌倉幕府によって建てられた五間四方の堂で、古くは「鞘堂」と呼称。芭蕉をはじめ多くの文人墨客、参詣の人はこの堂内に入り、薄明の中に金色堂を参拝したわけである。昭和38年に新鞘堂が建設されて、旧位置より移築。」とあります。中尊寺金色堂旧覆堂は伝承によると金色堂が造営されてから164年後の鎌倉時代後期、正応元年(1288)に鎌倉幕府が造営されたとされますが、学術的には室町時代中期頃と推定されています。形式は木造平屋建て、宝形造、銅板葺、桁行5間、張間5間、外壁は真壁造り板張り、正面は柱のみの吹き放し、華美な装飾を廃した質素かつ力強い建物です。中尊寺金色堂旧覆堂は現存する数少ない中世の覆堂建築の遺構として大変貴重な事から昭和4年(1929)に旧国宝(現在は国指定重要文化財)に指定されています。

旧覆堂:写真

旧覆堂
[ 付近地図: 岩手県西磐井郡平泉町 ]・[ 中尊寺:歴史・観光・見所 ]

スポンサーサイト

中尊寺境内案内
八幡堂 弁慶堂
薬師堂 中尊寺本堂
峰薬師堂 中尊寺金色堂
経蔵 天満宮
旧覆堂 白山神社
弁財天堂 鐘楼

平泉町:周辺・観光
中尊寺 毛越寺
無量光院 柳之御所
観自在王院跡 高館
卯の花清水 弁慶墓
達谷窟毘沙門堂 厳美渓


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。