花巻市東和町: 成島毘沙門堂

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)花巻市:東和町・観光>成島毘沙門堂
東和町・観光
 ・ 鏑八幡神社
 ・ 鏑川神社
 ・ 浄光寺
 ・ 浄珠院
 ・ 旧銀行
 ・ 成島毘沙門堂
 ・ 成島熊野神社
 ・ 
岩手県国宝
 ・ 中尊寺金色堂
 ・ 
岩手県国指定文化財
 ・ 中尊寺経蔵
 ・ 金色堂覆堂
 ・ 旧菅野家住宅
 ・ 旧後藤家住宅
 ・ 旧小原家住宅
 ・ 旧中村家住宅
 ・ 伊藤家住宅
 ・ 旧菊池家住宅
 ・ 旧藤野家住宅
 ・ 旧佐々木家住宅
 ・ 正法寺
 ・ 日高神社本殿
 ・ 毘沙門堂
 ・ 多聞院伊澤家住宅
 ・ 天台寺
 ・ 盛岡高等農林学校
 ・ 岩手銀行旧本店
 ・ 白山神社能舞台
 ・ 旧第九十銀行本店
 ・ 千葉家住宅
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
スポンサーリンク
    
成島毘沙門堂
成島毘沙門堂
[ 付近地図: 岩手県花巻市東和町 ]・[ 花巻市東和町:歴史・観光・見所 ]
成島毘沙門堂 成島毘沙門堂 成島毘沙門堂 成島毘沙門堂
花巻市東和町・観光・歴史・名所
成島毘沙門堂概要: 成島毘沙門堂は案内板によると「建物は寄棟造り、鉄板葺のやや大型の三間堂で廻り縁と向拝がついています。堂内にあった毘沙門天は保護のため現在は上の収蔵庫に安置され、建物だけが存在します。毘沙門堂は中世以降真言宗の成嶋寺が管理していて、この建物は延宝元年(1673)に修理をしていますが、各部の仕上げや建築手法などから室町時代後期に建立されたものと言われています。言い伝えによると、毘沙門堂は坂上田村麻呂の建立あるいは慈覚大師草創と伝えられています。近年まで堂内には、平安時代に造られた兜跋毘沙門天立像(国指定重要文化財)が祀られていたことから、古きからこの地域が重要な信仰の場所であったことがうかがわれます。県内に残る数少ない中世建造物であることから平成2年に国の重要文化財に指定されています。」とあります。
住宅設計


 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。