陸前高田市: 旧高田松原

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)陸前高田市・観光>旧高田松原

概要・歴史・観光・見所
高田松原概要: 高田松原はクロマツとアカマツからなる松林で、気仙川から運ばれた白い砂と相俟って独特な風景を造り出しています。元々は何も無い砂浜でしたが寛文7年(1667)に菅野杢之助を中心に松を植栽、伊達藩や多くの住民が協力し、3代に渡り保護管理されてました。享保年間(1716〜1736)には松坂新右エ門がさらに植栽し、現在の原型となる長大な松林に形成していきました。昭和35年のチリ地震による大津波で大きな被害を受けましたが、その後も補植、保護され現在に至っています。高田松原は「日本三大松原」、「日本百景」、「国指定名勝」などに指定されています。

旧高田松原:写真

高田松原
[ 付近地図: 岩手県陸前高田市 ]・[ 陸前高田市:歴史・観光・見所 ]
高田松原 高田松原 高田松原 高田松原


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。