奥州市江刺区: 源義経公供養塔

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)奥州市:江刺・観光>源義経公供養塔

概要・歴史・観光・見所
源義経公供養塔(奥州市江刺区)概要: 源義経公供養塔は義経の家臣だった鈴木三郎重家の子供の重染が建てたと云われる「鈴木山重染寺」の跡地にあります。重染は義経と父である重家の仇である藤原泰衡を討つために紀伊国から江刺へ入り、二人の菩提を弔ったとされ、公供養塔は最近になって観光物産協会がこの伝承にあやかって建立したものです。真ん中に義経の五輪塔、その両側に鈴木家親子の供養塔があります。周囲は藤原氏の史跡を巡る散策路になっていますが、あまり目立つ感じではなく、静かな雰囲気となっています。

源義経公供養塔:写真

源義経公供養塔
[ 付近地図: 岩手県奥州市江刺 ]・[ 奥州市江刺:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。