盛岡市玉山区渋民: 旧斉藤家住宅

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市:渋民・観光>旧斉藤家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧斉藤家住宅(盛岡市玉山区渋民)概要: 旧斉藤家住宅は奥州街道沿いに建てられた町屋で、石川啄木が渋民尋常高等小学校で代用教員時代に宿屋としていました。案内板によると「斉藤家は江戸時代末期、奥州道中渋民宿駅の南側に建てられた町屋でした。建物構造は、木造一部二階建ての妻入り直屋で、屋根は兜形に軒先を切り落とした寄せ棟となっています。建物規模は、間口三間半(約6.8m)、奥行き八間半(約18m)と細長く1階の片側に表から裏にぬける一間幅(約1.9m)の通り土間を設けています。部屋の配置は、表側から床の間のついた座敷、常居、納戸、台所、一番奥には馬屋があり、表側の二階部分には十畳の板の間を設け、表側に張り出した縁は格子戸をはずして使いました。斉藤家は、明治39年(1906)3月から焼く1年間、石川啄木が渋民尋常小学校代用教員時代に家族とともに間借りしていた建物であることから、昭和45年(1970)に石川啄木記念館敷地内に移築保存されました。小説「雲は天才である」・「葬列」などの作品はこの家で生まれました。 盛岡市教育委員会 」とあります。旧斉藤家住宅は貴重な事から平成7年(1995)に盛岡市指定文化財に指定されています。

旧斉藤家住宅:写真

旧斉藤家住宅
[ 付近地図: 岩手県盛岡市玉山区渋民 ]・[ 盛岡市渋民:観光・見所 ]
旧斉藤家住宅 旧斉藤家住宅 旧斉藤家住宅 旧斉藤家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。