盛岡市玉山区渋民: 旧渋民尋常高等小学校

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市:渋民・観光>旧渋民尋常高等小学校(石川啄木−母校)

概要・歴史・観光・見所
旧渋民尋常高等小学校概要: 旧渋民尋常高等小学校はよく取り出される華美な装飾のある洋風の学校建築とは異なり、一地域に根ざした教育施設としての素朴さや力強さを感じる明治初期建築で、時代の変化から純和風建築から脱却しつつあるようにも感じます。案内板によると「旧渋民尋常高等小学校は、明治17年(1884)、村民の寄付により旧渋民村愛宕の愛宕神社脇に建設されました。建設当時の校舎は、明治17年5月に提出された新築願書によると、木造2階建てで、1階には職員入口、職員室、廊下、教室があり、2階は廊下をはさんで3教室が配置されていました。大正2年(1913)、松内分教場として移築され、約50年間使用された後、松内地区公民館として使われ、昭和42年(1967)、老朽化により取り壊されることとなりましたが、石川啄木の母校であり、代用教員時代に教鞭をとったこともあるゆかりの校舎であることから、石川啄木記念館敷地内に移築保存されました。現在の建物は、2度の移築や改修が行われましたが、柾屋根造り、連子格子、囲炉裏のある溜まり場など明治前期の面影が残されており、現存する学校校舎としては、県内で最も古い建物の一つです。   盛岡市教育委員会 」とあります。旧渋民尋常高等小学校は貴重な事から平成7年(1995)に盛岡市指定文化財に指定されています。

旧渋民尋常高等小学校:写真

旧渋民尋常高等小学校
[ 付近地図: 岩手県盛岡市玉山区渋民 ]・[ 盛岡市渋民:観光・見所 ]
旧渋民尋常高等小学校 旧渋民尋常高等小学校 旧渋民尋常高等小学校 旧渋民尋常高等小学校


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。