盛岡市玉山区渋民: 常光寺(石川啄木の生誕の地)

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)盛岡市:渋民・観光>常光寺(石川啄木の生誕の地)

概要・歴史・観光・見所
常光寺(盛岡市玉山区渋民)概要: 日照山常光寺は岩手県盛岡市玉山区常光寺日戸古屋敷に境内を構える曹洞宗の寺院で石川啄木の生誕の地です。案内板によれば「日照山常光寺は、寛永年間(1680年代)に盛岡市報徳寺の末寺として開創されました。啄木は、明治19年2月20日この寺に生まれ、一禎和尚が渋民宝徳寺へ移るまでの1年1ケ月過ごしています。現在では当時の寺は改築され、啄木の生まれた部屋が保存されており、また境内には金田一京助書による「石川啄木生誕の地」の碑があります。後年、啄木の叔父が住職をつとめた野辺地常光寺(青森)とも深いつながりがあります。 玉山村観光協会 」とあります。参道にある巨木は推定樹齢300年と呼ばれる杉で常光寺の歴史を感じさせてくれます。常光寺本堂は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、桁行7間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。山号:日照山。宗派:曹洞宗。

常光寺(石川啄木の生誕の地):写真

常光寺
[ 付近地図: 岩手県盛岡市玉山区玉山 ]・[ 盛岡市渋民:観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。