花巻市: 雄山寺

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)花巻市・観光>雄山寺

概要・歴史・観光・見所
雄山寺(花巻市)概要: 陽光山雄山寺は岩手県花巻市愛宕町に境内を構える曹洞宗の寺院で、慶長3年(1598)に花巻郡代(花巻城の城代)であった北松斎が四男愛邦の死を悼み建立したと伝えられています。慶長18年(1613)に北松斎が92歳で死去すると雄山寺の境内に葬られ菩提寺となり、法名「萬猷院殿節叟忠公大居士」が与えられています。享保3年(1718)には後裔である北可継によって石堂が建立され供養が行われ、さらに、宝暦12年(1762)の松斎150回忌には北筋継により寺領15石が寄進され、文化9年(1812)の200回忌には堂宇の修復が行われ松斎の墓碑が建立されています。その為、様々な北家縁の遺品が寺宝として伝えられ、特に甲冑(岩手県指定文化財)は北松斎の愛用のものとされ、華美に飾った戦国武将のものとは異なり質実剛健の実用的なものとされ「三社の甲冑」と呼ばれ、天照皇大神宮、八幡大菩薩、春日大明神の文字が象嵌されています。三つ葵の紋付の羽織は北松斎が2代将軍徳川秀忠から拝領したと伝わるもので、北松斎が74歳の時書写した「太平記」や古文書類も花巻市指定文化財に指定されています。又、新渡戸稲造を輩出した新渡戸家の菩提寺でもあり、祖父で花巻地方兵学の塾祖として知られる新渡戸維民の墓碑が建立されています。「雷神」と呼ばれて獣のミイラがある事でも知られ、猫の姿をしているものの、手足が偉容に長く信仰の対象となっています。当國(盛岡藩領:和賀郡・稗貫郡・紫波郡)三十三観音霊場25番札所。陸中八十八カ所霊場第69番札所(御詠歌:観音の大悲のちから強ければおもき罪をもひきあげてたべ)。奥羽三十三観音霊場第3番札所(元々は観音寺だったものが現在は雄山寺に遷されています)。宗派:曹洞宗。本尊:十一面観音(もとどり観音)。

雄山寺:写真

雄山寺
[ 付近地図: 岩手県花巻市 ]・[ 花巻市:観光 ]・ [ 岩手県:寺院 ]
雄山寺 雄山寺 雄山寺 雄山寺

スポンサーサイト

雄山寺(花巻市)周辺・観光
花巻城 圓城寺門
鳥谷崎神社 延寿寺観音堂
雄山寺 妙円寺
三嶽神社 鼬幣稲荷神社
胡四王神社 同心屋敷
光徳寺 清水寺
昌歓寺 大興寺
土仏観世音堂 松林寺地蔵堂
米斗利沢神社 長谷寺
花巻温泉 台温泉
釜淵の滝

岩手県・観光・見所
中尊寺金色堂 中尊寺経蔵
金色堂覆堂 正法寺
毘沙門堂 岩手銀行旧本店
白山神社能舞台 盛岡城
達谷窟毘沙門堂 毛越寺(庭園)
厳美渓 黒石寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。