金ケ崎町: 旧高橋家住宅

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)金ケ崎町・観光>旧高橋家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧高橋家住宅(金ケ崎町)概要: 旧高橋家住宅は「金ケ崎町城内諏訪小路旧高橋家住宅(金ケ崎町)重要伝統的建造物群保存地区」にある武家屋敷の遺構で現在は「白糸まちなみ交流館」として保存活用されています。この地区に残る典型的な武家屋敷である木造平屋建て、寄棟、平入、直屋形式を採用しており、上部に煙だしを設けています。建築面積は145uで「でい」や「なかま」など4間で構成されており土間に建つ2本の柱や喰い違いなどの古い工法が残されています。母屋の建築年は明治23年(1890)といわれいますが武家屋敷の流れを踏襲しており、当時は旧大沼家住宅に見られるような母屋、馬屋、厠の3棟が直線的に配置されているのは三ツ屋形式だったようです。

旧高橋家住宅:写真

旧高橋家住宅
[ 付近地図:岩手県金ケ崎町 ]・[ 金ケ崎町:観光 ]・ [ 岩手県:古民家 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。