矢巾町: 旧佐々木家住宅

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)矢巾町・観光>旧佐々木家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧佐々木家住宅(矢巾町)概要: 旧佐々木家住宅は岩手県紫波郡矢巾町大字西徳田に位置し江戸時代末期の文久3年(1863)に、郡山下町出身の儀兵衛が大工棟梁として建てられた農家建築です。案内板によると「東向きの母屋の来た端に、南向きの馬屋が取着く典型的な南部曲家である。藩政時代には村役を務めた農家だったため、建坪は90坪と大きい。母屋は基本的に食い違い4間取り型式の前常居型で、土間寄りは常居と寝間があり、その南隣には上・中・下の畳敷きの座敷が外庭に面してある。外庭には、塀中門(兵徒門)があり、座敷と一体化した格式の高さを伝えている。町内藤沢にあったものを昭和62年に移築復元した。 矢巾町教育委員会 」とあります。旧佐々木家住宅は江戸時代末期の大型曲家建築の遺構として貴重な事から昭和61年(1986)に矢巾町指定有形文化財に指定されています。現在は矢巾町歴史民俗資料館として一般公開されています。

旧佐々木家住宅:写真

旧佐々木家住宅
[ 付近地図: 岩手県矢巾町 ]・[ 岩手県:古民家 ]
旧佐々木家住宅 旧佐々木家住宅 旧佐々木家住宅 旧佐々木家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。