花巻温泉: 吉井勇歌碑

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)花巻市:歴史・観光・見所花巻温泉>吉井勇歌碑

吉井勇歌碑
吉井勇歌碑
[ 付近地図: 岩手県花巻市 ]・[ 花巻温泉:歴史・観光・見所 ]
吉井勇歌碑・歴史・観光・見所
吉井勇歌碑(花巻市)概要: 吉井勇が昭和3年(1928)に花巻や盛岡、渋民、小岩井などを廻った時に詠んだ歌 「 われもゆくむかし芭蕉が野ざらしの 旅に出でたる秋風のみち 」が刻まれてます。吉井勇は明治時代から昭和時代にかけて活躍した歌人、脚本家で「パンの会」の結成や「スバル」の編集、「酒ほがひ」、「午後三時」、「祇園歌集」、「人間」などの発刊を行いました。芭蕉が野ざらしの旅とは、松尾芭蕉が貞享元年(1684)41歳の時、出身である伊賀上野への旅の紀行文である「野ざらし紀行」を示したもので「野ざらしを心に風のしむ身かな」の句を詠んでいます。句は、「例えこの長旅で野たれ死んで骨だけになっても構わない。このような覚悟を持っても秋風が吹くと身にしみてわびしい思いが涌き上がってくる気がする。」との意味です。この事から松尾芭蕉と同じように私(吉井勇)も秋風が吹き付ける長旅に出掛けようと解釈しました。
住宅設計案内

 花巻温泉観光・旅行見所ナビ:
釜淵の滝緒ヶ瀬の滝滝不動尊羽山神社稲荷神社白山神社大日堂松雲閣追分の碑下村海南歌碑花巻温泉開創記念碑巌谷小波歌碑
吉井勇歌碑國志しょう碑与謝野晶子・寛歌碑台温泉台川
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「花巻温泉:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北」、「城郭と城下町−東北」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。