花巻温泉: 金田一國士しょう碑

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)花巻市:歴史・観光・見所花巻温泉>金田一國士しょう碑

金田一國士しょう碑
金田一國士しょう碑
[ 付近地図: 岩手県花巻市 ]・[ 花巻温泉:歴史・観光・見所 ]
金田一國士しょう碑・歴史・観光・見所
金田一國士しょう碑(花巻市)概要: 昭和25年(1950)、花巻温泉を開発した金田一國士を顕彰して建立されたもので、詩を高村光太郎、書を太田孝太郎が手懸けています。「 歳月人を洗ひ 人ほろぼざるは大なるかな 人事茫々 ただ遠く後人に貽すところのもの その人を語る 開発の雄 今は亡き彼を懐ふことを多時 」と刻み込まれています。金田一國士は青森県三戸町の矢幅家で生まれましたが、商才に優れていた為、金田一財閥の総帥金田一勝定の婿養子として迎え入れられ、岩手県内の金融、交通、電力、ガスなどの事業を拡大し県内の財界に大きな影響力を持ちました。花巻温泉を開発した事でも知られ、温泉だけでなく、遊戯場や動物園など複合的な今で言うレジャー施設の前身を計画し100棟を超える建物が建てられました。太田孝太郎は元腹心で郷土史家でもあり盛岡銀行支配人や岩手日報社長、盛岡銀行頭取を歴任しています。高村光太郎は明治時代から昭和時代に活躍した詩人・彫刻家で昭和20年(1945)宮沢賢治との縁から花巻市に疎開していた経歴があり詩の依頼がありました。
住宅設計案内

 花巻温泉観光・旅行見所ナビ:
釜淵の滝緒ヶ瀬の滝滝不動尊羽山神社稲荷神社白山神社大日堂松雲閣追分の碑下村海南歌碑花巻温泉開創記念碑巌谷小波歌碑
吉井勇歌碑國志しょう碑与謝野晶子・寛歌碑台温泉台川
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「花巻温泉:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北」、「城郭と城下町−東北」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。