松尾芭蕉(奥の細道・陸奥路:岩手県・編)

岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)>松尾芭蕉

岩手県(陸奥路)の行程

日 付
名 称
場 所
内   容
・元禄2年
・5月12日
・一関城下・登米要害町を出立。花泉町金沢を経て一関城下に至り、同地で宿泊
・元禄2年
・5月13日
・平泉・一関城下を出立、平泉(岩手県平泉町)を見学し、再び一関へ戻り、同地で宿泊。宿泊地となった金森邸は芭蕉が二泊した事から「二夜庵」と呼ばれました。
・元禄2年
・5月14日
・一関城下・一関城下を出立、奥州上街道を南下し、天王寺追分から出羽街道に入り岩出山要害町に至り、同地に宿泊。
スポンサーサイト
[ 岩手県の温泉街(花巻・台・繋(つなぎ)・鶯宿) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 日本武尊 ]・[ 延喜式内社 ]・[ 二重門・楼門・鐘楼門 ]・[ 随身門・神門・中門 ]・[ 茅葺(古民家・寺院・神社) ]・[ 岩手県の本殿 ]・[ 岩手県の拝殿 ]・[ 岩手県の本堂 ]・[ 岩手県の御堂 ]・[ 建築物(国宝・国指定重要文化財) ]・[ 建築物(県指定重要文化財) ]・[ 弘法大師空海 ]・[ 慈覚大師円仁 ]
※ 「全国の松尾芭蕉:縁の社寺・温泉」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。リンクはフリーですが画像や文章等のコピーは行わないでください。