岩手県の町並みと歴史建築平泉町毛越寺(庭園)>写真

毛越寺(庭園)

[ 毛越寺(庭園) ]・[ 中尊寺 ]
スポンサードリンク
毛越寺(鐘楼・経楼)概要: 鐘楼は案内板によると「金堂円隆寺から左右対称に翼廊が延び、それぞれ大泉が池の汀に向って南に折れ進む。東廊の先端に造られたのが鐘楼である。土檀の礎石は16個のうち13個が完存する。」とあります。又、経楼は案内板によると「金堂を中心に鐘楼・経楼は全くの対象の位置にあり、土檀並びに間、礎石の位置とも鐘楼と同じで、16個の礎石が完存する。雨落溝も鐘楼のと同じ造りであるが、溝の排水は暗渠によって池に注がれる。」とあります。

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。