毛越寺:岩手県平泉町

 岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)>毛越寺
【 概 要 】毛越寺岩手県平泉町)が何時頃に創建したのかは不詳ですが、嘉祥3年(850)に平安時代に天台宗の高僧として知られた慈覚大師円仁により開かれたと伝えられています。伝承によると慈覚大師が巡錫で当地を訪れた際、濃い霧に包まれどこにいるのさえ解らなくなると、白鹿に薬師如来の化身と思われる白髪の老人の元まで導かれました。老人は当地は霊地である事を告げ姿を消し、霧も急に晴れた為、円仁は当地に嘉祥寺(後の毛越寺)を開山したと伝えられています。ただし、慈覚大師円仁が実際に東北地方を訪れたのは天長6年(829)から天長9年(832)にかけての事から弟子が境内を整備して円仁を勧請開山として迎えたのかも知れません。東日本のは山寺立石寺(山形県山形市)や恐山菩提寺(青森県むつ市)など数多くの寺院が円仁を開山者として信仰していますが、多くが円仁が天台宗の座主に就任し高齢の時の年代なので直接開山したのかは不詳となっています。毛越寺はその後、奥州藤原氏の庇護の下で寺運が隆盛し、最盛期には境内に40余の建物が存在し僧房は500余りあったと記録が残されており往時の繁栄が窺えます。文治5年(1189)の奥州合戦で源頼朝により大旦那だった奥州藤原氏が滅ぼされると、庇護者を失い次第に衰微しました。その後も火災や戦国時代の兵火などで堂宇が焼失し境内も荒廃しましたが、江戸時代に入ると仙台藩主伊達政宗の墓守寺だった瑞鳳寺(宮城県仙台市)に毛越寺本尊を移した事で、江戸時代を通して仙台藩の庇護を受けました。現在でも平安時代の作庭された広大な庭園の他、当時の伽藍の礎石などが明瞭に残されている事から国指定特別史跡、国指定特別名勝に指定され、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の一部としてユネスコの世界遺産に登録されています。

[ 岩手県の温泉街(花巻・台・繋(つなぎ)・鶯宿) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 日本武尊 ]・[ 駒形神社(日本神社100選) ]・[ 黒石寺(名刹巡礼 古寺100選) ]・[ 毛越寺(名刹巡礼 古寺100選) ]
※ このサイトは「ぴあレジャーグループ」の「名刹巡礼古寺100選」で選定された寺院を取り上げています。ただし、写真は独自に撮影し、内容自体は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考に編纂しています。相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、写真や文章のコピーは遠慮してください。御理解の程よろしくお願いします。