黒石寺:岩手県奥州市

 岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)>黒石寺
【 概 要 】黒石寺は天平元年(729)、行基菩薩(奈良時代の高僧)が当地を巡錫した際に霊地と悟り一宇を設けたのが始まりとされます。延暦年間(782〜806年)に蝦夷と朝廷との兵火により焼失し大同2年(807)に坂上田村麻呂(征夷大将軍として当地に派遣され、蝦夷の指導者であるアテルイと激しい攻防戦が行われたとされます。)が再興、堂宇は飛騨の匠により造営されました。当初は東光山薬師寺と号していましたが嘉承2年(849)慈覚大師円仁が中興しその際、寺号を「妙見山黒石寺」に改称しています。古くから神仏習合し石手堰神社の別当寺院だったとされます。石手堰神社は景行天皇の御代に創建されたと伝わる古社で、日本三大実録では貞観4年(862)正六位上に列し、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載された式内社、陸奥国二宮を自称するなど往時は大きく繁栄し、黒石寺も境内には48棟に及ぶ堂宇が建てられたとされます。度重なる火災により多くの建物は失われましたが、日光、月光菩薩像、十二神将立像が岩手県指定文化財、僧形坐像(伝慈覚大師像)と四天王立像、薬師如来像(本尊、貞観4年:862年の銘)が国指定重要文化財に指定されています。旧暦1月7・8日に行われる蘇民祭は災厄払い、五穀豊穣、無病息災などを祈願して、蘇民袋を裸の男達が奪い合う行事で天下の奇祭として往時の蘇民信仰の祖型が伝えられ国の選択無形民俗文化財に選定されています。奥州三十三観音第25番札所。

[ 岩手県の温泉街(花巻・台・繋(つなぎ)・鶯宿) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 日本武尊 ]・[ 駒形神社(日本神社100選) ]・[ 黒石寺(名刹巡礼 古寺100選) ]・[ 毛越寺(名刹巡礼 古寺100選) ]
※ このサイトは「ぴあレジャーグループ」の「名刹巡礼古寺100選」で選定された寺院を取り上げています。ただし、写真は独自に撮影し、内容自体は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考に編纂しています。相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、写真や文章のコピーは遠慮してください。御理解の程よろしくお願いします。