陸前高田市: 閑董院

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)陸前高田市・観光>閑董院
陸前高田市・観光
 ・ 氷上神社
 ・ 普門寺
 ・ 閑董院
 ・ 浄土寺
 ・ 観音寺
 ・ 長円寺
 ・ 今泉町並み
 ・ 高田松原
 ・ 白糸の滝
 ・ 大滝・小滝
 ・ 旧高田中学校
 ・ 近代建築
 ・ 
岩手県国宝
 ・ 中尊寺金色堂
 ・ 
岩手県国指定文化財
 ・ 中尊寺経蔵
 ・ 金色堂覆堂
 ・ 旧菅野家住宅
 ・ 旧後藤家住宅
 ・ 旧小原家住宅
 ・ 旧中村家住宅
 ・ 伊藤家住宅
 ・ 旧菊池家住宅
 ・ 旧藤野家住宅
 ・ 旧佐々木家住宅
 ・ 正法寺
 ・ 日高神社本殿
 ・ 毘沙門堂
 ・ 多聞院伊澤家住宅
 ・ 天台寺
 ・ 盛岡高等農林学校
 ・ 岩手銀行旧本店
 ・ 白山神社能舞台
 ・ 旧第九十銀行本店
 ・ 千葉家住宅
 ・ 
 ・ 
スポンサーリンク
    
閑董院
閑董院
[ 付近地図: 岩手県陸前高田市 ]・[ 陸前高田市:歴史・観光・見所 ]
閑董院 閑董院 閑董院 閑董院
陸前高田市・観光・歴史・名所
閑董院概要: 閑董院は白糸の滝の上流に建立された薬師堂です。創建は元和6年(1620)に付近に疫病が広がった事で、宥健法印が洞に篭もり断食請願した所21日目で息絶えましたが疫病は瞬く間に静まりました。周囲の人達は宥健法印の徳を讃え、この地に祠を建て祀ったとされます。現在の建物は明治23年(1890)に気仙大工だった吉沢幸作を中心に脇棟梁に金野亀次郎、菅野善右エ門、木挽は小林鶴治などがあたり、彫刻は山形県の高山専蔵が中心となりました。拝殿には唐破風の向拝が据えられ多くの鳳凰や竜などの彫刻や組物で施され、拝殿も同じ様な構成になっています。本殿には花頭窓の付いた廊下で繋がり、本殿は意匠的には質素ですが、六角形の宝形屋根で基壇部分を石垣で組むといった特異の構造をしています。陸前高田市指定有形文化財。
住宅設計


 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。