奥州市水沢区: 後藤新平旧宅

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)奥州市・水沢>後藤新平旧宅
奥州市水沢区・観光
 ・ 武家住宅資料館
 ・ 後藤新平旧宅
 ・ 吉田家住宅
 ・ 小幡家住宅
 ・ 阿部家住宅
 ・ 八幡家住宅
 ・ 高橋家住宅
 ・ 高野長英旧宅
 ・ 高野長英生誕地
 ・ 駒形神社
 ・ 日高神社
 ・ 瑞山神社
 ・ 斎藤實生家
 ・ 緯度観測所
 ・ 木村記念館
 ・ 旧菊屋薬局
 ・ 旧阿部呉服店
 ・ 出羽神社
 ・ 正法寺
 ・ 黒石寺
 ・ 興国寺
 ・ 志胆沢川神社
 ・ 胆沢城
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
スポンサーリンク
    
後藤新平旧宅
後藤新平旧宅
[ 付近地図: 岩手県奥州市水沢 ]・[ 奥州市:歴史・観光・見所 ]・ [ 岩手県:古民家 ]
後藤新平旧宅 後藤新平旧宅 後藤新平旧宅 後藤新平旧宅
奥州市水沢区・観光・歴史・名所
後藤新平旧宅概要: 後藤新平は安政4年(1857)に水沢で留守家御小姓頭の子として生まれ、新平も留守家の奥小姓として仕え明治維新を迎えます。その後、新平は医師、官僚、政治家など多くの要職に付き、特に都市計画には定評があり時には「大風呂敷」と呼ばれる程、当時では考えられない大胆な計画を提唱したと言います。関東大震災後には内務大臣と帝都復興院総裁の任に着き東京の都市復興計画を立案しました。又、鉄道関係の鉄道院総裁や、満鉄総裁など要職にも着いています。後藤新平旧宅は案内板によると「・・・(前略)後藤家は、代々二番召出の家柄で、幕末の禄高は2貫531文、5切(32医師46升)であった。現在、萱葺の主屋、便所と板倉、冠木門、笠塀などが残されている。これらは、昭和10年前後に修復さら、新平の意思により水沢町に寄付された。もともとの表門は二本の門柱による棒門で、18世紀中期を降らないと推定される主屋にも改築がみられる。  水沢市 」とあります。後藤新平旧宅は岩手県指定有形文化財に指定されています。
住宅設計


 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。