大船渡市: 長谷寺

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)大船渡市・観光>長谷寺
大船渡市・観光
 ・ 盛ハリストス教会
 ・ 長安寺
 ・ 洞雲寺
 ・ 長谷寺
 ・ 浄願寺
 ・ 西光寺
 ・ 旧佐々木医院
 ・ 
岩手県国宝
 ・ 中尊寺金色堂
 ・ 
岩手県国指定文化財
 ・ 中尊寺経蔵
 ・ 金色堂覆堂
 ・ 旧菅野家住宅
 ・ 旧後藤家住宅
 ・ 旧小原家住宅
 ・ 旧中村家住宅
 ・ 伊藤家住宅
 ・ 旧菊池家住宅
 ・ 旧藤野家住宅
 ・ 旧佐々木家住宅
 ・ 正法寺
 ・ 日高神社本殿
 ・ 毘沙門堂
 ・ 多聞院伊澤家住宅
 ・ 天台寺
 ・ 盛岡高等農林学校
 ・ 岩手銀行旧本店
 ・ 白山神社能舞台
 ・ 旧第九十銀行本店
 ・ 千葉家住宅
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
スポンサーリンク
    
長谷寺
長谷寺
[ 付近地図: 岩手県大船渡市 ]・[ 大船渡市:歴史・観光・見所 ]
長谷寺 長谷寺 長谷寺 長谷寺
大船渡市・観光・歴史・名所
長谷寺概要: 長谷寺の歴史は古く、伝承によれば、大同年間に坂上田村麻呂が東夷東征の際、気仙地方を支配し、「赤顔」と称していた「金犬丸」を討ち取った事によります。金犬丸は首を刎ねられた後、土の中に埋められ、その上に御堂を建て十一面観音を祀ったそうです。天慶9年(938)に石山寺の淳祐学匠を勧請開山し、寺号も龍福山長谷寺と改めますが地頭職であった江刺氏以外は庇護する者も無く時代によって盛衰を繰り返していたようです。寛永2年(1625)に現在地へ移転したことで再興し、宝永2年(1705)に現在の本堂が建立され、享保元年(1716)も同様に観音堂が再建して現在に至っています。平安末期の作と言われる如来坐像と鎌倉時代作と言われる三躯の十一面間菩薩立像が岩手県指定有形文化財で、十一面観音菩薩立像、不動明王立像、聖徳太子立像、如来仏頭部がそれぞれ大船渡市指定有形文化財に指定されています。又、境内には様々な板碑も安置されていて歴史の深さを感じさせます。気仙三十三観音札所第22番。
住宅設計


 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。