一関市: 摺沢八幡神社

  岩手県:歴史・観光・見所(ホーム)一関市・観光>摺沢八幡神社

概要・歴史・観光・見所
摺沢八幡神社(一関市)概要: 摺沢八幡神社は岩手県一関市大東町摺沢字摺沢八幡神社(一関市)八幡前に位置し、摺沢集落の鎮守で集落を見下ろせる高台に鎮座します。摺沢八幡神社の創建は平安時代後期に発生した「前九年の合戦」の際、源頼義が八幡菩薩に戦勝を祈願し、見事勝利を収めた事で神意に感謝し社殿を建立したのが始まりとされています。現在の摺沢八幡神社本殿は江戸時代中期の貞享3年(1686)に建立されたもので、三間社入母屋造、平入、桟瓦葺き、桁行3間、張間2間、正面1間向拝付き、当時の神社本殿建築の遺構として貴重な事から平成5年(1993)に岩手県指定文化財に指定されています。「摺沢八幡神社の鎧」は源義家が前九年合戦で使用し、当社に奉納したものと伝えられるもので、平安時代頃作、鉄製、高さ31cm、底辺19cm、中世の鐙の遺構として貴重な事から平成3年(1990)に一関市指定文化財に指定されています。「蕨手刀」は平安時代初期に制作されたと推定されるもので、全長58.5cm、幅3.8cm、昭和62年(1987)に一関市指定文化財に指定されています。祭神:誉田別大神。

摺沢八幡神社:写真

摺沢八幡神社
[ 付近地図:岩手県一関市 ]・[ 一関市:観光 ]・ [ 岩手県:神社 ]

スポンサーサイト

摺沢八幡神社(一関市)周辺・観光
旧沼田家住宅 世嬉の一酒造
配志和神社 祥雲寺
長谷観音堂 願成寺
一関城 二夜庵跡
摺沢 摺沢八幡神社
大原 一関教会
厳美渓

岩手県・観光・見所
中尊寺金色堂 中尊寺経蔵
金色堂覆堂 正法寺
毘沙門堂 岩手銀行旧本店
白山神社能舞台 盛岡城
達谷窟毘沙門堂 毛越寺(庭園)
厳美渓 黒石寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。