岩手県の町並みと歴史建築平泉町毛越寺(庭園)>写真

毛越寺(庭園)

[ 毛越寺(庭園) ]・[ 中尊寺 ]
スポンサードリンク
毛越寺(講堂)概要: 案内板によると「本尊は胎金両部大日如来。仏法を説き仏法を聴く堂舎であった。また、灌頂という密教儀式を行う奥羽の灌室であったという。正面5間19.1m、側面4間15.1mの建物で礎石34個が完存する。嘉禄の火災後再建、天正元年(1573)の戦による火災で焼亡。」とあります。

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「岩手県:歴史・観光・見所」は「岩手県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−岩手県」、「日本の城下町−東北(一)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、を参考にさせていただいています。